このやり方は見る人にとっては、
マナー違反だと感じるかもしれません。

 なぜなら、多くの投資家が、テクニカルによって相場から利益を上げようと頑張っている中、その人達の心理、行動を利用して、利益を上げている人の方法について書かれているからです。

 しかし、この方法は、紹介してから約5年半もの間、多くのトレーダー達に愛用されています。この書籍の著者である維新の介は、FX短期トレーダーの間で、日本トップクラスの実力を持ち、今田耕司と東野幸治が司会を務めるテレビ番組「ノブナガ」で「億超えトレーダー」として特集されたこともある人です。

 実際、この方法は、ただFX相場で勝ちたいだけ、FXで2~3万稼げたらそれで満足と言った控えめの目標を持った人のためのモノではありません。FXで大金を稼げるようになって、『脱サラしたい!』、『会社と家の往復で大半の時間を消費する人生とは違うもっと楽しい人生を送りたい!』、『老後の生活の保証を作っておきたい』といった大きな目標、野望を持った人のためのものです。

何故、多くのトレーダーが損をしている中、
維新の介のトレード方法は、
これほどまで多くの人に支持されるのか?

 それは、ほとんどの人はFX相場に対するアプローチ方法を間違えているからです。

 インディケータ(テクニカル指標)のクロスで売買するとか、、頑張って勉強して覚えたテクニカル指標を複数組合せて使えば、高い勝率で勝てるようになるに違いない、といった「間違った考え」を信じてトレードをしているからです。

 それにより、投資家の悩みで1番多い『自分が買ったら価格が下がり、、売ったら価格が上がる、、』と言う相場の罠にハマって投資に失敗してしまいます。

一方、「維新の介」の方法は、
従来、大多数の投資家が行っている方法とは
違うアプローチを取ります。

 例えば、、、

 「維新の介」もテクニカル指標を使いますが、その使い方は、大多数の投資家のように“売買ポイントを見つけるため”ではありません。今日のチャートを見ている投資家は「どこで買ってくるか、、」、あるいは「どこで売ってくるか、、」「今、何を考えていて、どういう心理状態にあるか?」そんな大衆投資家の心理状態(大衆心理)を分析するためにテクニカル指標を使っています。

実は、チャートから大衆心理を見る方法はとてもシンプルで、1度聞いたら絶対に忘れないほど簡単なコツなのですが、、、維新流エリアメソッドを使う事で、短期トレーダー、中期トレーダー、長期トレーダーがそれぞれどのタイミングで買ってくるのか、その後もどんどん「買い」に群がってくるのかを、チャートから見出す事が出来るようになります。

 “大衆心理が今まさに買いに群がろうとしている”のが相場に現れているならそっと買いを入れ、その逆なら「売り」を仕掛けます。たったそれだけです。

そして、そろそろ「買い」に群がる投資家がいなくなってきているのが分かれば、人知れずそっと「決済」して相場から利益を獲得します。

 シンプルですが、、これが「億超え」トレーダーである維新の介のトレード方法、、、大衆心理トレードです。

 もちろん、
これは大衆心理を利用したトレードの
ほんの一部に過ぎません

 本書では、トレンド転換した大底(または天井)のタイミングで買って(売って)利益を上げる方法や、理論上、損失がほぼ出ない移動平均エントリー法等、短期間で大衆心理を利用したトレードテクニックを22個紹介していますが、他にも、、あなたのFX口座のお金を増やすために「知らなかった」では到底済まされない株投資にはない”FX特有の罠”についても話しています。

書店では販売しておりません。お申込みは以下のボタンからどうぞ。

ご請求はこちら

読者の声

提供サービス

商品料金提供方法内容
大衆心理を利用して利益を上げる!維新流トレード術(入門)送料のみ550円書籍上記に記載。大衆心理を利用したトレードテクニックが22個記載されています。
維新流トレーダーズクラブ月額購読:2,980円会員サイトにて月4回の解説動画の提供 会員サイトにて、週に1本、維新の介が動いているチャートを使って相場解説しているビデオをお届けします。オンライン動画なので、スマートフォン、タブレットさえあれば、いつでもどこでも視聴できます。
ご請求はこちら

株式会社インベストメントカレッジの提供する教育サービスは、投資に関する考え方の一例をご紹介するというものです。 実際の投資はお客様のご判断・ご責任で行って頂くものであり、弊社は、お客様の投資におけるいかなる利益も保証するものではなく、また、お客様の投資によるいかなる損害に対しても補償を行うものでもありません。御理解賜りますようお願い申し上げます。 また、投資の結果によってお客様が思わぬ損害を被る可能性もあるため、投資を行われる際にはお客様ご自身で投資のリスクを慎重に検討されますよう併せてお願い申し上げます